PSPの軌跡

PSPは国内累計販売台数1000万台を突破した国民に愛される携帯ゲーム機 PSPはまだまだ現行機種


プレイステーションポータブルの歴史


PlayStation Portable、略称PSPは、
ソニー・コンピュータエンタテインメントが日本で2004年12月12日に発売した携帯型ゲーム機。

PlayStationの発売10周年を記念して発売された。


2009年11月1日には、姉妹機である「PSP go」が発売。

PSP goはUMDを廃止、本体がスライド式の二段構成であるなど、根本的に仕様の異なるモデルである。
なおPSP goはPSP-3000の後継ではない。


PSPは4.3インチのモバイルASV液晶、UMD・メモリースティック PRO Duoインターフェースを採用。
PlayStation 2と較べても遜色のないグラフィック性能を持つ。
音楽・動画・静止画の再生、無線LAN機能やUSBポートでの拡張性、
システムソフトウェアアップデートによる機能の追加、Skype、RSSなどもサポートされる。


デザインは据置機のPSシリーズと異なり、初期型を小笠原伸一、PSP-3000シリーズを曽我部卓が担当している。

Nintendo DS Liteが発売からわずか3年で初代DSとあわせ国内2000万台を突破するなど
携帯ゲーム市場を先行する中で、PSPはここにきて販売台数を大きく伸ばし、
2008年上半期での販売台数はDSやWiiを上回っている。
国内累計販売台数は2008年7月15日に1000万台を突破。


ブレイクした要因に
『モンスターハンターポータブル(MHP)2nd』や『MHP 2nd G』の大ヒット2, 3等が挙げられる。


しかし、PSPはゲームだけではなく、UMDビデオ1プレイヤーとしての動画再生機能もある。
それに加え2007年秋に発売されたPSP-2000はメディアプレイヤー、外部出力機能が強化されたためその用途のために買うユーザーも多かった。

2008年秋にはPSP-3000の発売、またPS3を介してのオンラインプレイの導入、
一部ゲームがメモリースティックにインストール対応になったりと益々発展の様子を見せている。



«金色のコルダ3 AnotherSky feat.至誠館 査定価格
プレイステーションポータブルの歴史
プレミア高価買取中 遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース6 »