PSP販売終了により買取価格高騰か?

PSPが2014年6月で販売終了 PSPは中古市場が主流になるので、買取価格の高騰に期待


プレイステーション・ポータブル販売終了 駆け込み需要発生中!

ソニー・コンピュータエンタテインメントは3日、携帯ゲーム機「プレイステーション・ポータブル(PSP)」の国内出荷を6月に終えると発表しました。

2004年12月の発売から約10年の節目を迎え、後継機「プレイステーション ヴィータ」の販売に集中するようです。
PSPは高画質のゲームをどこでも遊べ、映画や音楽も楽しめるとして人気を博した。通信対戦の流行にも一役買った。
任天堂の携帯ゲーム機「ニンテンドーDS」と販売競争を繰り広げ、ファンの話題を集めたPSP。
出荷終了に合わせ、PSPを下取りに出すとPSヴィータを値引きするキャンペーンを開始します。

しかし、まだ世間のPSP需要は高い様子を見せております。

アマゾンでは新品のPSPが人気商品となっており、価格は2万円に高騰。そのほとんどがマーケットプレイスの出品者からのものです。また、ビックカメラやヨドバシカメラといった家電量販店では、既に販売が終了しており、購入することができません。

今後PSPは中古市場が主流になるので、買取価格の高騰も期待できます。

 

« 速報◆2014.6.9現在 各社本体査定表◆
プレイステーション・ポータブル販売終了 駆け込み需要発生中!
 最新◆2014.7.8現在 PSP各社本体査定表◆»